パソコン・インターネット

2007年3月11日 (日)

Painter Xを試してみる。

線画一発直描き少女 暫らくぶりの画像アップです。
普段は、フォトショップver6で描いているのですが、ペインターの新版をダウンロードして試して見ました。
まず最初の起動は、やや長いかな。
そのあとの描画では、フォトショップよりも、タブレットの追従がいいですね。ペンの種類によって、ペン入れと抜けの描写がいい感じにかけるのは、フォトショップには無い特徴で、良いのですが種類が多すぎて、いろんな組み合わせを試すには結構な時間が必要かも。
とりあえずは、今回は適当に描いてみまして・・
ペンで線画を描いて、アクリルで塗りという感じで進めてみたのですが。
途中、グラデーションがどうも扱いにくく断念。
また、消しゴムの消しの強さがしっくりこない感じ。
だいぶ進めたところで、PSD形式で保存し、フォトショップで読み込みして作業を再開。
データの互換はまずまずで、レイヤーの名前や、フォルダ構成なども1階層分でしたが再現されており、連携する分にはちょうどいい感じでした。
結局、使いなれたフォトショップで、色を変更したのですが・・
それでも、新型のペインターの印象は、以外に軽くて、キャンセルの反応も良いし、もう少しいじって見る予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)