« c78用のARIA本の原稿完了! | トップページ | 結構使える消しゴム 「MONOzero モノゼロ 」 »

2010年7月19日 (月)

借りぐらしのアリエッティを見る。

ポニョ以来のジブリ最新作。借りぐらしのアリエッティ。
最初宮崎駿監督作ではないという点で、どうなのか正直疑問でした・・。
今回は先にサントラを聞きなんとなく話の展開とか盛り上がり具合がイメージできたのと、世界観と曲が思ってた感じにマッチしていたので、俄然見ようという気になりました。
早速公開2日目にみてきたのですが、(初日はインセプションをみにいっていた・・)
素直にジブリ作品だなぁ・・って言うのが率直な印象。
過去の作品と比べると耳をすませばの雰囲気が多少あるのですが・・トトロを思わせる描写などあり、いろいろと宮崎風なところがあり、それはそれでオマージュ的な意味でいいアクセントになっている。
水滴や小道具の使い方など小さいがゆえの表現は見ていて非常に面白い。
音響も人間とアリエッティたちとで使い分けているところも誇張しすぎてない点で、共感できる。
舞台も一軒屋を中心としたもので、ダイナミックな展開を期待すると肩透かしをくらうのだが・・ほっとしたい気分のときに見ると非常に元気をもらえるのではないかなという作品ですね。
ちなみに劇場ではパンフレットは開封しないで鑑賞することをお勧めします。
かなりの内容がパンフに書かれている上に展開がわかるイメージが載ってるので、見終わってから読み返すのがいいでしょう。

最後に・・もし宮崎駿が監督だったら・・きっととんでもないくらいの群像を入れ込んだことだろうなぁ・・て思った点と・・必死に立ち向かう主人公の活劇があったんではないかなぁっと想像してしまうのが・・残念なところ。その辺を凌駕できる新しい監督さんがジブリから育つとうれしいのですが・・

なんにせよ・・BDでもう一度じっくり見たい作品ですね。

|

« c78用のARIA本の原稿完了! | トップページ | 結構使える消しゴム 「MONOzero モノゼロ 」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99206/48916400

この記事へのトラックバック一覧です: 借りぐらしのアリエッティを見る。:

« c78用のARIA本の原稿完了! | トップページ | 結構使える消しゴム 「MONOzero モノゼロ 」 »