« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月21日 (水)

結構使える消しゴム 「MONOzero モノゼロ 」

P1000585 久々に文具店にいって見かけて即買いしてしまったグッズ。
「MONOzero モノゼロ 」定価350円
普通の消しゴムよりかわ値段がはりますが、漫画とか細かいところをピンポイントで消したいときこれはかなり優れものです。
通常の消しゴムだと思っている場所よりも多くの範囲をけすし、消しかすが黒くなって思わぬところが黒ずんだりとすることがありますが、これに関しては今のところそういったケースは無いですね。
使用感としては、思った以上に消しゴム部分がしっかりと硬く、へたれないところがいいですね。
ホルダータイプなので、繰り出して使えるので、通常の消しゴムの持ちにくくなってつかいづらって風にはならないです。
ほぼ鉛筆感覚でけしができると思っていいですね。デッサンでハイライトとかピンポイントで入れるのにむいてるかも。
消しかすが出ないタイプとかいろいろ使ってきましたが、ピンポイントで消せるってところでこいつはかなり重宝しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

借りぐらしのアリエッティを見る。

ポニョ以来のジブリ最新作。借りぐらしのアリエッティ。
最初宮崎駿監督作ではないという点で、どうなのか正直疑問でした・・。
今回は先にサントラを聞きなんとなく話の展開とか盛り上がり具合がイメージできたのと、世界観と曲が思ってた感じにマッチしていたので、俄然見ようという気になりました。
早速公開2日目にみてきたのですが、(初日はインセプションをみにいっていた・・)
素直にジブリ作品だなぁ・・って言うのが率直な印象。
過去の作品と比べると耳をすませばの雰囲気が多少あるのですが・・トトロを思わせる描写などあり、いろいろと宮崎風なところがあり、それはそれでオマージュ的な意味でいいアクセントになっている。
水滴や小道具の使い方など小さいがゆえの表現は見ていて非常に面白い。
音響も人間とアリエッティたちとで使い分けているところも誇張しすぎてない点で、共感できる。
舞台も一軒屋を中心としたもので、ダイナミックな展開を期待すると肩透かしをくらうのだが・・ほっとしたい気分のときに見ると非常に元気をもらえるのではないかなという作品ですね。
ちなみに劇場ではパンフレットは開封しないで鑑賞することをお勧めします。
かなりの内容がパンフに書かれている上に展開がわかるイメージが載ってるので、見終わってから読み返すのがいいでしょう。

最後に・・もし宮崎駿が監督だったら・・きっととんでもないくらいの群像を入れ込んだことだろうなぁ・・て思った点と・・必死に立ち向かう主人公の活劇があったんではないかなぁっと想像してしまうのが・・残念なところ。その辺を凌駕できる新しい監督さんがジブリから育つとうれしいのですが・・

なんにせよ・・BDでもう一度じっくり見たい作品ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

c78用のARIA本の原稿完了!

01p_28p2010_07 c78に出すARIA本の原稿(自分持ちの分)について本日ようやく完了!。
で、あすからレールガン本のネームを描くんですが・・まにあうかぁ?
見開きとか文字ページとか技を駆使してページ数あげて仕上げるしかないかなぁ・・・

こちらの画像がC78で販売予定の表紙(2日目とあまれば3日目も)
裏表紙と一体なんで、気になる方は是非当日お手にしてみて下さい。

今回からARIA本のタイトルのロゴを一新しました。ちょっと洋書雑誌?っぽくしてみました。
ちなみにこれまでは背景のイメージはベネチアにしてきたんですが・・まぁぶっちゃけ使える写真のネタが尽きたというか・・気分も新たに、ローマの写真を抜擢。
が・・よーくみる緑と赤のリースらしきものが・・うーんどうもクリスマスシーズンなのですが・・アリスのカッコが夏服・・。
まぁいっか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »