« ARIA 壁紙更新11! 藍華ちゃん ゴンドラで休憩 | トップページ | ARIA本 新刊発売準備完了! »

2008年7月20日 (日)

崖の上のポニョのススメ!

久々の宮崎駿監督作品となる「崖の上のポニョ」を早速見てきました。
劇場は夏休みということもあいまって親子連れが大半を占めるいりよう。
中には古くからの宮崎ファンもおり、私もその一人。
劇場では、子供たちの声がシーン毎に上がり、子供たちが初めて目にする道具や生き物に興味を引かれていた。もちろん、大人にとっては、ある意味憧れを実現してるシーンもあり、非常に楽しい。
この映画では、冒頭のシーンから、どうしてそう見えるのか?、何をしているのか?とういう点について、解説するシーンやキャラクターが特にいないので、実はパンフレットを読まないとわからない点も多くある。
私の個人的な見解では、まずは予備知識ゼロで見てほしい。劇場で見てる子供と同じ視点で、楽しむのが一番だろう。
その後で、パンフ等で知識を得た上で、思い返すと、もう一度見てみたいという気持ちに駆られるのだ。
 ストーリーとしても、近年のもののけや千と千尋・ハウルなどのやや難解な展開はなく、一気に最後までストレートに見ることができる点も、まるでトトロかラピュタをみた後のような爽快感がある。
また、CGを使っていないがゆえにできる、宮崎駿の強力な描きこみの世界を堪能できるのも魅力の1つだろう。PIXERのファインデングニモの美しい海とは、対象的な、日本の土壌感あふれる海が、非常にジブリらしい。
本作をみて、私は、しばしば未来少年コナンや、カリオストロの城を思い出してしまった。
海底のゴミをすり抜けるシーン・暴走ぎみにはしる軽自動車・人間ばなれした裸足のアクション・・。
ぜひDVDになる前に劇場で子供たちと、エンディングを合唱していただきたいそんな映画です。

|

« ARIA 壁紙更新11! 藍華ちゃん ゴンドラで休憩 | トップページ | ARIA本 新刊発売準備完了! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99206/41913445

この記事へのトラックバック一覧です: 崖の上のポニョのススメ!:

« ARIA 壁紙更新11! 藍華ちゃん ゴンドラで休憩 | トップページ | ARIA本 新刊発売準備完了! »