« 2007年3月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年4月 9日 (月)

モネ展(国立新美術館)を見る

New_musium 東京ミッドタウンとは、目と鼻の先にある国立新美術館。
今ここでは、「大回顧展モネ」が2007年4月7日~7月2日まで開催されています。
4月7日開催当日に早速足を運んだのですが、以外にも長蛇の列もできておらず、すんなり入場。
どちらかといえば、もう一方の「異邦人(エトランジェ)たちのパリ 1900-2005 ポンピドー・センター所蔵作品展」が込んでいる感じでした。
訪れた時間帯は、2時ごろ。
内容的には、ほぼ全てモネの作品ですが、合間に現代アートを交えてあり、モネに疲れたら、そこでリフレッシュするといった感じ。
Monet
展示構成は、最初に「日傘の女性」からスタートし、否が応でも期待が高まります。
(←日傘の女性はこんな感じです。〔模写〕)

続いては、フランスのセーヌ河の風景や、モネの庭の明るい色彩の画が連なる。
さらに、水面の反射を意識した画や、構図のリズムや、時間経過などモネの独特な連作が並び、最後は、睡蓮一色の部屋へ向かうといった、総勢97作品(一部入れ替え制)。
個人的には、明るい色彩のモネが好きなのですが、睡蓮も嫌いではないです。
が、やはり睡蓮の鑑賞方法はやはり、フランスのオランジェリー美術館が一番でしょう。
周囲の壁全てが睡蓮の絵になっており、観覧者は中央のいすに腰掛け眺める。
そのゆったりとした鑑賞方法は、絵と対峙して見つめるのではなく、絵の空間に入り込む独特なものだと思うのです。
今回の展示でも、睡蓮のコーナーでは、中央に椅子が置かれています。
時間に余裕のある方は、そこでじっくり腰掛けて睡蓮を眺めて見るのをお勧めします。
水面に描かれた、地上の木々や空が、ボヤーっと浮かんでくることでしょう。
私のお勧めの見方として、睡蓮は、水面の筆のタッチと、葉のタッチが大きく異なるので、そのタッチから、水の動きや葉の動きを感じたり、風や時間、温度をイメージすると、長く鑑賞でき楽しめると思います。
モネの絵は、ほかの絵でも同様な考えで絵を見ると、そこでモネがどんな気持ちや、インスピレーションを感じて描いたか想像することができて楽しいのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

東京ミッドタウン散策

Tennai 2007年3月30日にオープンした、六本木の東京ミッドタウン。オープンしたとはいえ、まだ一部準備中の場所もある。同じ六本木ヒルズと比べると、展望台や映画館などのエンターテェイメント性は、やや劣るものの買い物や食事は充実。
広い通路と、余裕のある店舗空間は、ヒルズにはない快適さ。ウィンドウショッピングだけでも十分楽しめる空間でした。
しかも、フロアーや、建物周辺に休憩所がふんだんに用意されているので、歩き疲れた場合も、すぐにゆっくりできるところが実にいい。


GalleriaPlaza_1Touchpanel軽い食事や買い物なら、GALLERIA、ゆっくり食事したいならPLAZAとカテゴリわけされている。
店内には、東京ミッドタウンの案内員が点在しているので、店の場所も気軽におしえてもらえるのだが、50インチのタッチパネルでも店舗の検索ができるシステムがある。これが以外に凝ったデザインになっている。Garden
レストランには、テラス部分で食事できる場所もある。しかし、ミッドタウン内の庭でも食事できるデッキ部分などがあるので、手持ちがさびしいときや、お店が込んでるときはこちらを利用するのもいいでしょう。
買い物以外でも、広い公園や、美術館など、色々なところが、デザイン性にあふれているので、デザインに興味がある方は是非訪れてほしいところです。
個人的には、全体に和を意識したつくり以外にも、直線や、自然を意識したデザインなのかなぁと感じましたね。

Green2Green1_1   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

ARIA 壁紙更新6!(アリスちゃん)

Photo_5 ようやくARIAの新作OVAが出るようで、秋頃発売とは、なんとももどかしいところ。
OVAでもシリーズ化されるのかちょっと期待したいのですが・・どうなんでしょう。
今回の壁紙は、青空シリーズも一通り終えたので、夕焼けシリーズにしようかなぁ・・って思っていたのですが、意外に製作に時間がかかるので、ちょっと悩んでます。
ブログ用は、フォーカスの効果大のイメージです。
ホームページの方は、背景違いで各種用意してます。
興味のある方はこちらへ。

今まで夕焼けに合わせて描いた事無かったんで、背景の写真の色とキャラの色の調整に随分時間かかりました。夕方って事で、全体的にコントラスト高めにして、普段は影をのせない顔や目に多めに色をつけるなどいろいろと良い経験になりました。多少手の位置が気になりますが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年6月 »