« NHK・プラネットアースを見て。 | トップページ | ARIA 壁紙更新5!(灯理ちゃん) »

2006年10月28日 (土)

映画「父親たちの星条旗」を見る。

クリントイーストウッドとスピルバーグがタッグを組んで製作された戦争映画とあって、期待して見に行ってきました。第一印象はプライベートライアンを超えたといった感じ。
いわゆる戦争映画にありがちな、いい思い出的な結末でもなく。本編中に野暮なラブストーリーもなく、クリントらしい思い切りのいい銃撃・攻防戦が、堪能できます。
全体のストーリーは、戦場と、帰国後のエピソードが交錯し、ところどころに謎を残す伏線が張られ、飽きのこないつくりに仕上がっています。
注目の硫黄島の激戦は、圧巻。プライベートライアンや、パールハーバーのいいとこどりといった感じか。砲撃による爆裂する砂は、サウンドもあいまって迫力満点。
久々に劇場で鑑賞をすることをお勧めできる1本です。
2部構成である、本作品は、アメリカ側には、日本側のキャストは登場してませんが・・日本側の方では、あの激戦を使いまわすのかどうか・・ちょっと気になるところ。

|

« NHK・プラネットアースを見て。 | トップページ | ARIA 壁紙更新5!(灯理ちゃん) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99206/12464509

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「父親たちの星条旗」を見る。:

« NHK・プラネットアースを見て。 | トップページ | ARIA 壁紙更新5!(灯理ちゃん) »